ネットで土地査定を行ってもすぐに売却しないようにしましょう。

土地査定をネットで簡単に行うことができます。しかし査定後すぐに売却してはいけません! - ネットで土地査定を行ってもすぐに売却しないようにしましょう。

ネットで土地査定を行ってもすぐに売却しないようにしましょう。

thr土地査定を行うのに、ネットを利用すると便利です。無料で複数の業者に一度に査定を依頼できるからです。情報の入力も簡単に行うことができますし、結果もすぐに得られます。
しかし、ネットで土地査定を行う場合には注意しなければいけないことがあります。その注意点を紹介します。

ネットの査定は金額が高く提示されやすい

ネットの査定は正確でない場合が多いです。依頼時に数分で入力するような簡単な情報だけでは、正確な査定を行うことはできません。業者はその土地の詳細や、地域の特性などを十分に理解したり、分析したりできないためです。
業者は依頼主からの連絡を欲しがります。土地を売りたいと考えている人がいる以上、契約は自分のところで結んでほしいからです。興味をもって連絡してもらうために、査定金額を高めに設定してくることがあります。
上手くすればその値段で売却できるかもしれませんが、相場よりも高い値段だと売れ残ってしまう可能性が高いです。ネットの査定価格を鵜呑みにしたり、1番高い査定価格を出した業者と安易に契約をしたりするのは、やめた方がいいです。

売れ残ると、どんどん金額を下げていくことになる

高めの査定価格がでたことに喜んで、安易にその値段で売りにだしてしまうと、痛い目をみることがあります。売り手と買い手の利益は相反します。売り手は高い値段で売りたいですが、買い手はできるだけ安い値段で買いたいのです。
相場よりも高い値段に設定されている土地は、買い手がなかなか見つかりません。買ってもらうためには、値段を下げるしかなくなります。高い値段のまま買ってくれる人が現れるまで、時間がかかってでも待つということであれば、値段を下げる必要はないかもしれません。ですが、売れない期間が長く続くのも問題を生みます。
売れない期間が長く続いていることは、マイナスの印象を抱かせます。短期的に土地を探している人であれば、気づかないことかもしれません。ですが、慎重に、長期にわたって購入先を検討しているような消費者には、長い間売れ残っていることを知られてしまいます。
長期間売れない土地は、「何かあるのではないか」と、無用の心配や疑心を抱かせてしまいます。よってさらに土地が売れづらくなるのです。

妥当な売却価格を考える

ukyfkf
できるだけ高い値段で売りたい、と考えるのは当然ですが、安い方が売れやすいのは事実です。買い手がつかないままよりも、売れた方がいいですよね。相場からかけ離れたような金額はつけないようにしましょう。
実際に売るときには、値引き交渉が必ずと言っていいほどなされます。最低限度額を決めておき、値引きする額も考慮にいれて価格を決めるようにしてください。

売却は慎重に

ネットで土地査定を行い、思っていたよりもいい価格がついたとしても、安易にすぐに売却するようなことはしない方がいいです。その金額は相場よりかなり高めに設定されている可能性があります。
相場より高い金額だと、買い手は見つかりづらいです。売れないと、価格を下げないといけなくなりますし、売れ残る期間が長くなるのは売り手にとってマイナスになります。とくに、できるだけ早く売りたいと考えている人にとっては困りものです。
売却は慎重に行いましょう。査定価格はあくまで参考にして、相場をしっかりと見極める必要があります。値引き交渉が行われることも考慮にいれながら、売れそうな価格をつけた方がいいです。
土地売却・査定のことなら土地売却査定君!
■土地売却査定君|土地売買の査定額を最大6社へ一括お見積り http://www.bellecora.com/

更新情報

アーカイブ